祝☆青葉城西・及川さんの誕生日に「及川徹」を徹底的に考える!

古舘春一先生の『ハイキュー!!』は、個性的なキャラクター&チームが次々登場するのが魅力の一つです。

中でも青葉城西の主将・及川徹は、ハイキュー人気を決定付けたと言っても過言ではないと思う。

スポーツ漫画には「仲間」だけではなく「ライバル」の存在が不可欠で、その好敵手ぶりが漫画の面白さに直結するからです。

ところで本日7月20日は及川さんの誕生日!!

これを機に、彼の好きなところや気になることをたっぷり語らせてもらいます!

ハイキューの日(8月19日)生まれの私、親しい友人たちはなぜか夏生まれに集中しているのですが、及川さんもすごく「夏生まれの人」っぽいなと思います。

みんな大好き!及川さんの魅力

天才ではないけど非凡。

観察眼が鋭く献身的。

負けず嫌いで努力のかたまり。

大人げない”残念なイケメン”でいじられるけど、愛されているからこそ。

そして、すごく信頼されている。

この人の信頼は、バレーの上手さとかよりも、努力する姿から得られているんだろうなと思います。

こんな主将だったら全力で支えたいと思うし、こんなセッターだったら期待に応えたいと燃えますよね!

そして何よりチームが、バレーボールが楽しそう。

ただ『ハイキュー!!』にはバレー部の強豪ばかり出てくるので、当然みんな努力しているんです。

では、そんな中でも及川徹を”特別”にしているものは何か?

私は二つあると思っているんです。

及川さんを類のない存在にしているもの

<古舘春一『ハイキュー!!』第13巻・P15 集英社>

一つ目は、幼なじみでもある「岩ちゃん」こと岩泉一の存在です。

このコンビの格好良さったらない!

感情の波の激しい及川さんと、不動の岩泉というバランスが素晴らしいですよね~。

イケメンと漢前の絵面も最高!!ですし。

何より「阿吽の呼吸」ってとても得難い

その背景や年月を想像させられて、積み重ねの尊さみたいなものに心を掴まれます。

もう一つは、なりふり構わず闘えるところです。

私はクールぶっている人より、むき出しな人が好きなんです。

「負けたくない」という気持ちって、自分で認められない人も多いけど、すごく本能的かつ当たり前のことですよね。

だからこそ、全面に出してもがいている人に共感できる。

ここでそんな及川さんの大好きなシーンを2つ。

<古舘春一『ハイキュー!!』第7巻・P137 集英社>

<古舘春一『ハイキュー!!』第17巻・P80、81 集英社>

ふだんは少々チャラい(これも及川さんんなりの処世術だと思う)及川さんが、本気の感情を出した顔がたまらなく好きです。

『ハイキュー!!』の中で私が一番憧れる&好きなキャラクターは岩泉ですが、一番共感できるのはまちがいなく及川さんです。

主人公たちのいる烏野メンバー以上に近しさを感じます。

(この時点で古舘先生の手の平の上なんでしょうね!)

気になる及川さんの「これから」

主役以外のキャラクターもイキイキしている『ハイキュー!!』には、読みたくて仕方がないサイドストーリーがいくつもありませんか?

私にとって、その筆頭が及川さんの将来です。

まず、どんな大学でどんな進化を見せるのか?

挫折をすることはあるのか?

牛島と再び対決することはあるのか?

“相棒”だった岩泉と対戦することはあるのか?

それはいつなのか?

などなど、知りたいことが盛りだくさん。

及川さんは全日本に入ると信じているのだけど、岩泉はバレー選手としてどこまでやるんだろう?というのも気になります。

彼にもVリーガーになって欲しいと思うけれど、どこかですっぱり辞めそうな潔さがあるから怖い。ずば抜けた運動神経を人の役に立つために使おうとしそうだし。

それで岩泉がバレーを辞めるとしたら、その時に及川さんはどんな反応をするんだろう?とかね。

それにしても及川さんにはオリンピックでプレーして欲しいなあ。

17巻で

俺のバレーは何ひとつ終わっていない

取るに足らないこのプライド
絶対に覚えておけよ

と言わせているということは、多少なりとも描いてくれるということですよね?古舘先生!!

この台詞の回収シーンを楽しみに待ちたいと思います。

『ハイキュー』という漫画を好きにさせてくれて、セッターの面白さを思い出させてくれた及川さん、Happy Birthday!

未来に幸あれ!!

スポンサーリンク







フォローする