天皇杯男子バレー準々決勝・JTサンダーズvsサントリー戦の感想

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会の季節ですね!

ふだんはJTサンダースを応援しつつ、V1リーグを現地orDAZN観戦で楽しんでいるナキです♪

先日サンダーズは、年内最後のV1試合で現在首位のサントリーサンバーズにフルセット負けを喫してしましました。

そして今日、天皇杯の準々決勝で再びサントリーと対戦!

雪辱なるか!?

期待に胸を膨らませてのDAZN観戦です。

個人的な見どころ

ずばり、JTはサントリーに勝てるのか!?

とにかく結果が欲しい!サントリーに勝利するという結果が。

というのもV1リーグの1レグ・2レグともに、JTはサントリーにフルセットで敗れているんです。

勝てない相手では決してないはずなのに…。

だから個人的には勝敗の行方のみが注目ポイントです。

スターティングメンバー

☆サントリーサンバーズのスタメン

17星谷健太朗→13ムセルスキー・ドミトリー→10藤中謙也→12塩田達也→9大宅真樹→19栗山雅史
リベロ:1鶴田大樹

★JTサンダーズのスタメン

4安永拓弥→3深津旭弘→16劉力賓→2小野寺太志→6トーマス・パトリック・エドガー→18山本将平
リベロ:10井上航

(敬称略・サーブオーダー順)

第1セット

この試合もまた競っていくのか、という予感に満ちた3-3という出だし。

ここで先に4点目を取った山本選手のブロックは大きかったですね!

その前に劉選手、井上選手の二人が強打を上げていただけに、良い流れを呼び込みそうな1本。

その後は残念ながらお互いのサーブ&スパイクミスで得点を重ねますが、テクニカルタイムアウトは8-6とリードしたまま迎えます。

両チームともセンター線を積極的に使ってくるので、第1セットはトスワークを見ているのが面白かった!

次にJTのきっかけとなったのは、セッター深津選手のサービスエースでしょうか。

今日はサーブレシーブ巧者の藤中選手をよく崩していたと思います。

小野寺選手のクイックで14-11とした時流れも、ラリー中に劉選手のBAを使ったり、彼のトスワークが冴えてワクワクしました。

しかもすぐさま劉選手の2本連続サービスエース!1本目は鋭くコーナーを突き、次はネット際に落とすという頭脳プレー。

5点リードし、JTは盛り上がりの中で二回目のテクニカルタイムアウトを迎えます。

その後も井上選手を中心によく拾い、ラリーをエドガー選手が決める鉄板パターン。

またムセルスキー選手の調子が悪いのか、サーブは入らず、大事なところでスパイクがアウトになっていたのもサントリーは響いたと思います。

第1セットはJTが25-18でJTが勝利しました。

第2セット

第2セット、サントリーは星谷選手に代わり小野選手がスタメンで入ります。

高いブロック、劉選手のバックアタック、山本選手の巧いスパイクと、JTらしさが順調に発揮される序盤でしたが、6-4の時に火災報知機が鳴るというハプニング発生

客席もコートものんびりムードで、実際に何事もなかったようで本当に良かったです。

中盤はシーソーゲームになりますが、JTのサーブレシーブが乱れません。

安永選手のブロックが出て12-9としたところで良い流れに。

ムセルスキー選手を劉選手が止めた15点目も上がりました!

しかし藤中選手がエドガー選手を止め15-15、さらにムセルスキー選手のサービスエースで16-17と逆転、サントリーがリードします。

第1セットは不調だったムセルスキー選手ですが、このセットはとにかく彼にトスが集まった印象。きっちり仕事します。

ところがミドルとはコンビが合わず、レフトにはなかなかふれず、サントリーは攻撃面で苦しそうでした。

終盤はJT深津選手の守備も光りましたね~。

結局このセットも25-22でJTが制しました。

第3セット

第3セットもサントリーは小野選手をそのまま起用。

ムセルスキー選手が高さと器用さで本領発揮の序盤です。

ただ今日のJTはチームの雰囲気がとてもいい!

劉選手のサービスエースで4-3、彼がまた見せ場を作りました。

栗山選手のバックアタック、藤中選手のストレートを続けて拾い、エドガー選手の強打で制した5点目はアツかった!

この同点の仕方には盛り上がりましたね。

しかしサントリーがセンターとのコンビを修正し、またムセルスキー選手以外の選手も活躍しだし、7-8と1点ビハインドでテクニカルタイムアウトを迎えます。

その後も長いラリーをサントリーが制し、8-10と離されかけますが、劉選手のストレートが冴え切り替えし、深津選手のブロックも出ました!

本当にこの深津選手という人は、どんな試合でもどんな流れでも、個人技で闘志を見せてくれますね。

さてサントリーは11-12でミドルを小野選手から星谷選手に戻します。

ムセルスキー選手の2連続サービスエースで2連続得点すると、JTは狙われた劉選手をいったん下げます。

二回目のテクニカルタイムアウトも15-16と点差は変わらず。

次もラリーとなりますが、山本選手がブロックで仕留め16-16。

JTに良い流れが来そうなところで、なんと主審がインアウトの判定を覆し、どう見てもJTの得点だった場面でサントリーに点が入ってしまいます。

しかもこの後すぐに星谷選手がエドガー選手を止め17-19、2点リードを許します。

さあJTはここで腐らず士気を保てるか?

ムセルスキー選手が躍動しサントリーが先に20点目をとりますが、JTもくらいついていきます。

さっきムセルスキー選手のサーブでやられた劉選手が、同じローテでバックアタックを鮮やかに決め1本で切ったのは溜飲のさがる思いでした。

サントリーのタッチネットで22-22と追いつくも、藤中選手が切り22-23。

ムセルスキー選手のスパイクが痛恨のアウトとなり23-23、再び並びます。

ここでビッグサーバーのエドガー選手、なんとサービスエース!!

最後もエドガー選手が打ち切り、JTが第3セットを25-23で勝利。

JTサンダーズ、天皇杯の準決勝進出決定です!

まとめ

今日のJTサンダーズ、何が良かったって、チームワークが見えたこと!

あっさり負ける時のJTは、ただ強い個人がいるだけの個人技のチームになってしまい、まとまりが見えなくなりがちです。

でも今日は結束と勝利への想いが随所に見えました。

バレーボールで見たいのはこういうところだよ、という気持ち。

またこの試合は深津旭弘選手のトスワークが多彩で!

小野寺&安永両選手のミドルは3セット通してコンスタントに見られるし、両レフトもキレキレだし、ここぞの時はエドガー選手。

楽しませていただきました。

井上航選手の守備・つなぎも忘れてはいけません。

強打に軟打にブロックカバー、二段トス…どの仕事もきっちりこなし、ラリーからの得点を演出しましたね。

昨年も見ていましたが、今年、特に最近の活躍は目を見張るものがあると思います。

「だからJTのファンなんです!」と宣言したくなる試合が見られて、今日は本当に嬉しい。

来週の準決勝は豊田合成トレフェルサとの対戦です。

実力が拮抗したチーム同士なので、高いレベルでの本気と技術のぶつかり合いが今から楽しみですね。